心と体

息子の火傷、湿潤療法で完治

湿潤療法って、ご存知でしょうか。
数年前から、医療機関はもちろん、
学校などでも取り入れているところが多くなり、
ゆくゆくはこちらが主流になるのではといわれているもの(たぶん)。
生徒さんのお子さんが通う近所の小学校は、
すでに湿潤に切り替えていると伺いました。

私は数年前に、近所の小児科でその存在を知ったのですが、
その後、友達に下記のサイトを教えてもらい、
うちでも実践するようになりました。

傷や火傷などを、消毒&ガーゼ(通常のバンドエイドも)をせずに、
乾かさないように、ラップやそのほか専門のシートみたいなもので傷口をおおい、
自然治癒させるというもの。

市販のものだと、傷パワーパッドという名前でバンドエイドみたいなのが出ています。
あとはラップを貼って、まわりをテープでとめてもいいようです。
いちばんいいのは、専門のお医者さんに見せること。

以前、息子の切り傷もこれでよくなったので、
今回、アイロンでの火傷も、湿潤をやっている専門の小児科にみせて、
治療(といっても、指定されたシート=プラスモイスト
を変えるだけ)してもらいました。

そして、マクロビの食事療法や気功(といってもまじめにやってない)も
取り入れて、なんと2度の少し進んだ火傷を、10日程で完治。
これには、「早いですねぇ」とお医者さんもビックリ。
私も夫も、このスピードにはビックリしました。

最初、見せたときには、3度まではいってないけど、
けっこうひどい2度の火傷なので、跡が完全に消えるかどうか…。
皮膚があがってくれば大丈夫だけど…といわれ、
この段階で、もうひとつ、目白にある火傷専門の病院
(こちらも下記で紹介)に
切り替えようか迷っていたのだけど、もう少し様子をみようということで
引き続き、湿潤の小児科に通ったのでした。

10日で、実践したことを書いておきます(あくまで参考に)。

火傷をしたら、流水で20分くらいひたすら冷やす。
その後、余裕があったら、さといもパスター。
今回は、教室があったので、タオルの上から保冷剤をあてた(痛みがなくなるまで)。
その後、市販の傷パワーパッドをして、翌日、湿潤の小児科へいく。
火傷の当日は、生水を避ける。

食事は、極陰性のものを避け、陽性ぎみにする(放射線物質対策と同じです)。
極陰性のものは、白砂糖、三温糖をはじめ、さとうきび系の砂糖。
てんさい糖、メープルなどの糖もできれば避ける。
使うなら、米からできた甘味、米あめや玄米甘酒など。
あと、フルーツや生野菜(トマト、なす、ピーマンなど
陰性の野菜)、乳製品もかなり陰性です。

息子の場合、震災以降、本能で感じているのか、
食事のチョイスがかなりシンプルになり、
ご飯(分づき、玄米、雑穀いろいろ)、のり(多め)、たくあん(少し)、
わずかな野菜(生は本人が避けていた)、豆、
小麦と大豆たんぱくなどを、メインにしていました。
あと、京都のミネラルウォーター、麦茶、
三年番茶も飲んでました(そう多くはなく)。

あと、お手当の語源になっている「傷口に手を当てる」ということを、
息子が寝てからやっていました。
かなりさぼりがちですが、気功をやっているので、その方法で。
もし気功をやっていなくても、野口整体などでやっている「湯気」でもいいし、
人間なら誰でも、手のまんなかの労宮(ロウキュウ)というツボから
気が出ているらしいので、お手当てできると思います。

お腹が痛いとき、母親がお腹をさすると痛みがやわらぐというように、
ママは特に本能で「手当て」できるのでは感じているので、
子供が体調が悪いとき、ケガや病気のときに、やってみてくださいね。

息子は、遊んだりするときは、夫のところへいきますが、
体調が悪いときには、やっぱり私のところへきて、
「ここ痛いからさすって〜」とか「かゆいからかいて〜」とかくるのは、
子供なりにいろいろ感じているからではと思います。

やったことといえば、そのくらいで、
あとは、子供の自然治癒力にまかせました。

放射線物質のための食事もそうですが、
食事は何を取り入れるかのたし算よりも、まずは引き算です。
引き算ができていないのに、いろいろ取り入れすぎても、
残念ながら、効きめは弱くなってしまうと思います。

あとは粗食で、よく噛むこと(消化酵素がはたらきます)。
半断食をやると、自然治癒が高まるといいます。
がんを半断食&食事法や代替医療で直した方も、たくさんいます。

体調が悪いとき、ケガのあと、手術後、産後も、
あまり食べないで、調整したほうが、断然回復がはやいです。
ちなみに、野性の動物も、赤ちゃん(幼児もだいたい)、
体調が悪いときは食べないですよね。
風邪、熱、インフルのときも、少食あるいは食べないのがベストです。

でも脱水はこわいので、水分補給はしてくださいね。

ご興味がある方は、下記のサイトを参考にしてください。

「新しい創傷治療(消毒とカーゼの撲滅をめざして)」
テレビでも紹介されたよう。本もいろいろ出てます。
全国の湿潤をやっている医療機関も紹介されています。
http://www.wound-treatment.jp/

今回通院した、下井草の小児科(小児外科)
柿田医院
http://www.kakita-clinic.com/

火傷専門の病院「川添医院」
湿潤に似た治療法(独自の薬を貼る)。
10年くらい前に私の火傷のときに通院。
やはり2度のひどい火傷を完治。
こちらは保健は効きません。
http://www.yakedo.com/MENU1/INDEX.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

臨月とお弁当づくり

5月。特に先週と今週は、ラストスパートで、教室の予定を多く入れてしまい、
かなりハードスケジュールになってしまいました。

とはいえ、無事、臨月に突入しました。
後期の血液検査もクリア。
ヘモグロビンの値が、前期と後期、ほとんど変わらなかったので、
助産師さんにほめられました(ほめられると、単純に嬉しい…)
植物性食品だけでも、余計なものを摂らなければ、鉄分は大丈夫なのでしょう。

息子のときは小ぶりでしたが、
すでに赤ちゃんの推定体重が2500㎏弱あるということで、ひと安心です。

臨月のわりに、お腹が目立たないといわれますが、
客観的に写真(下記)をみると、確かにあまり出てない。
でも、息子のときよりもお腹が出ているし、動きもにぶく(とほほ)、
体重増加も少し多めです。
ちなみに、息子のときは、5㎏増くらいで、現在は6㎏増くらい(もう少し増えそう)。

5月は、植物も人も成長の時期なので、赤ちゃんもぐんぐん育っているのでしょう。
たこのように、ガンガン動いているので、かなり陽性な子と予想しています。

息子の方は、4月から近所の区立幼稚園に通っていて、
4月末からお弁当が始まりました。
マクロビ食に加え、最近、シンプルなものしか食べなくなり(調整中?)
さらに食材の幅が狭まってるので、お弁当づくりもたいへんです。
何回か、残されたしなぁ。

でもお弁当づくりは、シアワセな時間でもあります。
今までは、公園などで一緒に食べていたお弁当を、
幼稚園に持って行って、自分で開けて食べるわけで、
そういうことを想像すると、なんだかシアワセな気持ちになります。

最近のヒットは、生春巻きの中に、蒸した野菜を入れたり、残ったおかずを入れたり。
あと、なんでもお好み焼き風にすると、食べてくれるので、
お好み焼きやハンバーグ風のおかずも多いです。

写真のお弁当のメニューは、
たくあん入りおにぎり/かぶの葉入りおにぎり/
大豆たんぱくのからあげ/野菜と長芋のお好み焼き/じゃがいも蒸し/
星と飛行機型の人参は、クッキーの型抜きで抜いたものを蒸しただけ。
カンタンです。

それから、写真には、力作のランチョンマットも。
苦手なミシン縫いで、
お弁当入れとランチョンマットをつくりましたぁ(幼稚園では必須)。
ミシンもやりだすと楽しい。けれど、ものすごく曲がってしまう…(笑)。

お弁当づくりのクラスのリクエストをいただいているので、
今後、いろいろつくって、試して、
カンタンだけど、カラダにやさしいお弁当づくりを伝授できたらと思ってます。
お待ちくださいませ。

それから、写真のバラ園は、うちの団地の目の前(植物園の脇)です。
現在、ちょうど見頃で、すっごくたくさん咲いているので、
お天気がいい日にぜひ見てくださいね。

Dscf5058

Dscf4995

| | コメント (0) | トラックバック (1)

おもしろい!妊娠中の変化(初期)

前回のブログで、妊娠のことをお伝えしたら、
たくさんの方々から「おめでとう」のメールやお言葉をいただきました。

その「おめでとう」と言っていただく顔が、なんだかピカピカ眩しくて、
本当にありがたかったです。
妊娠したことに実感の薄かった私ですが、少しだけ湧いてきましたよ。

11月、12月は特に忙しかったので、
妊娠を意識する時間はあまりなかったのですが(お腹の子、ごめんよ)、
初期のカラダの変化はやっぱりいろいろあって、面白かったです。

妊娠のなにが楽しいかというと、この変化なのです。
妊娠中のカラダ、気持ち、直感力、エネルギーの状態?が変わるのが
面白くて、楽しくて、また妊娠したいと思っていたくらい。
もちろん、出産とその後の子育てもそうですけれど。

今回も、長男のときと同様、かなり初期(2、3週目くらい)から、
食べ物の好み変わり、ちょっとカラダがだるくなったのですが、
出血を生理と間違えていたせいで(おいおい)、
結局、妊娠に気づいたのは、5、6週目くらいでした。

ネットで調べたら、初期の出血はわりと多いらしく、
本当は病院にいった方がいいんでしょうけれど(皆さんは行ってね)、
気づいたときは、出血はなかったので、翌週に一回目の健診に。

今回は最初の健診から、豊島産婦人科(西荻窪)です。
ここは、自然分娩を推奨していて、いろんな助産院、助産師(自宅出産)さんと
提携している、ありがた〜い産婦人科なのです。

助産院で産むにしても、自宅出産するにしても、
いずれにしてもこちらに来ることになるので、最初からここに。
(紹介状は高いですしね)

豊島さんは、フリースタイル、水中出産、
経膣分娩(前回帝王切開した方)にも対応。
助産院並みに待ってくれるので、リスクがあるけど、
自然分娩したい人にもよいと思います。
(リスクの度合いによっては大学病院へ)

そして何より、いざ帝王切開するにしても、腕が確からしい。
(多くの助産師さん、専門家、妊婦さんの証言による)
とまぁ、宣伝みたいになってしまいましたが、
こういう産婦人科は、都内でも(全国的にも)そう多くないので、
本当に貴重で、ありがたいのです。

今回私は、ここに通いつつ、自宅出産しようと思っています。
お願いしようと思っている助産師さんとは面識があるので、
とりあえず電話でご相談し、
次回の健診の後くらいに、自宅に来てもらう予定です(1月末くらいかな)。

そうそう。初期の変化について。
1極端に早寝早起きになる(朝は4時〜5時起床。夜は9時〜10時就寝)
2カフェイン(コーヒー)、甘いもの(マクロビのスイーツも苦手に)がまずく感じる。
3胃腸が重たく感じる。玄米も重く感じるので、分づきや雑穀、うどんに。
4いろんなものが食べたくなる
(焼きそば、お好み焼き、鶏から、寿司酢、ヨーグルト、柑橘系)
5ピンク色が好きになる。あとぬいぐるみとかカワイイもの。

長男のときも、ピンクや花が急にきれいに思えたり、
テレビや映画で残酷なシーンを見れなくなったり…。
そのほか1〜3までは、今回初めてのことが多かったです。
食べ物に関しては、ほぼ自分でつくって満足しました。

たとえばお好み焼きの具は、キャベツ、ネギ、きのこ類、ときには広島風に。
有機ソース&豆腐マヨネ&青海苔をトッピング。
そしてしょうがを千切りにして、梅酢でつけるとおいしい紅しょうがに。
焼きそばも、そばだけを買って、自分で味付け。
こだわりや(新宿の自然食品店)で買った、焼きそば用のそばがおいしかった!

鶏からは、すっごく良い鶏を買ってきて夫に調理してもらい
(お肉は調理したくないという、わがまま妊婦)、家で久しぶりに食べました。
やっぱりいい肉はおいしいです。
とりあえず、それで満足。
このときは、大豆たんぱくとかでは嫌なわけです。

よく妊娠中に有名ファーストフード店Mのフライドポテトが食べたいとか、
ジャンキーなものがすっごく食べたくなると聞きますが、
気持ちは分かる様な気がします。

できればモスにするとか、自分でつくるとかがいいのだけど…と友達に言ったら、
「あの添加物&動物油のポテトフライが食べたいのでは」と反論。
なるほどね。

この間も友人たちと話してましたが、
妊娠中の食へのこだわりは、「なんなのだろう」というくらいすごいよねと。

マクロビ的にいうと、妊娠すると陽性に傾くので、それで柑橘類、
軽めのごはんなどが食べたくなるそう。
そうか、添加物もそういうことなのかなぁ。
おせちクラスのなますもおいしかったなぁ。
プレスサラダもよくつくって食べてます。

柑橘類は、本当においしくて(妊娠してないと普通)
「この世にこんなうまいものがあったの?」というくらい。
私の場合は、もともと陽性なので、多少陰性が多くても大丈夫だと思いますが、
まぁほどほどにしようと、ひょうたん島(光が丘の自然食品店)で、
2個ずつみかんを買ったりしてます。
それにしても、みかん、おいしい!たまらん。

安定期に入って、少しは食べ物も安定してきたので、
玄米を土鍋で炊いてみたりしようかな。

12月は長男が体調を崩しかけていたので、
日々、おかゆ、ポタージュ、消化によいものを食べていたら、
私たちの体調もよく、忙しい12月をなんとか乗り越えられました。

長男の妊娠のときよりも、頭でなく、感覚で対応しているので、
気持ちとしてもラクかも。

安定期に入ったことだし、(その前も無茶してたが)、
来年からは、歩いたり、運動したりしたいなぁ。

つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マタニティ期こそ、マクロビを!!

来年の1月に、久しぶりのマタニティクラスを開催します。
「マタニティ期こそマクロビを!」と常に思っているので、
今回の開催は、個人的にとっても楽しみにしています。

そして私自身が、いま妊娠15週目。
来年6月出産予定です。
自分の二度目の妊娠を通して感じていることもあり、
いろいろなお話が皆さんにできるのではと思っています。

食生活以外にも、産院情報、自然療法情報などなど、
私がこれまで集めて来た情報をお伝えするつもりです。

さて、なぜマタニティ期こそマクロビかということ、答えはカンタン。
赤ちゃんの心身がほとんどお腹の中で出来上がってしまうから。
マタニティクラスの序文のようなところにも書きましたが、
280億年の進化の過程が、
お腹の中で過ごす280日間に集約されています。

目に見えないくらい小さい卵が受精して、
たった280日間の間に、内蔵、脳、骨、筋肉、血液…など、
ほぼ完成されるのです。

だからといって、神経質になりすぎることも、
嫌なことをやる(嫌になるくらい歩くとか、嫌いなもの食べるとか)
必要もないと思っています。

あくまでも楽しく、おいしく!
感じながら実践することが大切です!

でも、知っているだけでどうにかなることや、
ちょっとしたバランスのとり方を知り、実践することで、
妊婦さんの心身(連動してお腹の子も)がラクになるなら…。

自分のカラダや心の状態を感じる、
今、自分やお腹の子になにが必要なのかを感じ取る、
そのベースをつくるのがマクロビの食事と生活だと思っています。

もちろん妊娠前から実践できていればベストですが、
せめて、妊娠中から少しずつ実践していると、
産後のママのカラダ、育児、もちろん赤ちゃんの心身もラクになるはずです。

ところで、
離乳食のクラスは人気なのに、
なぜマタニティは人気ないのか(あまり人が集まらないんです!)
いろいろ考えたり、実際に皆さんに聞いてみたところ
「妊娠中は、食生活がそこまで大事だと思ってなかった」
「仕事をしていたので、教室に通う余裕はなかった」
「アルコール、カフェイン、甘いものに気をつけるくらいでいいと思ってた」
といったご意見が多かったよう。

そして離乳食クラスに参加されたママ達からは、
「妊娠中から実践していればよかった」という声がいっぱいです。
ということで、第二子、第三子、第四子を予定している方なども、
ぜひぜひご参加くださいませ(宣伝中…笑)。

私の場合は、妊娠中にちょうどクシマクロの教室に通っていたこともあり、
それから情報収集好きといこともあって、
料理教室以外にも、マタニティヨガ、助産院開催の講座、
きくちさかえさんのマタニティクラスにでたり、
とにかく、しょっちゅう、電車にのって習い事に行っていたような気がします。
あと、光が丘公園をよく歩いてましたね。

さすがに後期は、リラックスしなくちゃと思い、
豊島園の庭の湯とかで、ボケ〜とするようにしてましたけど。

マクロビをやっていると妊娠中の調整がラク!出産が軽い!という
話はよく聞かれると思います。
デコさんは、3人目から介助なしで,一人で出産してますし、
橋本ちあき先生は、なんと1人目から1人…。
(決してマネしないでくださいね)

私のまわりの人たちも、助産院か自宅出産が多いです。
今回、私も自宅出産を考えています。
(この辺りの話も、追々ブログでお伝えしますね)

実際は、まわりを見ていると、確かにラクだと思います。
特に妊娠中は、尿タンパク、尿糖などで、
検査に引っかかる心配はまったくしていませんでした。

体重も、だいたい3~5kg増加する人が多いようで、
とにかく出産ぎりぎりまで、軽く動けるのもラクでした。
ちなみに私の場合は、+5㎏で、産後1週間で元の体重に戻りました。

ここでポイントなのは、体重増加は、人によってそれぞれなので、
少なければ良いというものでも、多ければよいというものでもありません。
現在、自然分娩を推奨している産院では、
+7〜8kgくらいを目安にしていると思います(たぶん)。
増加しすぎると、いろいろリスクが高まるし、
そういうデーターも出ているので、
まぁ抑えめがよいということなのです。

最近は、あまり制限しすぎて食べないのはどうなのか…
という異論もでていますが、
制限というふうに捉えないで、
「お腹の赤ちゃんとママのカラダに良いものをバランスよく選ぶ」という
考え方に変えて、できるだけ心身に負担のかからないものを
選んでいただけたらと思います。

現代食を食べたいだけ食べていると、
上記の目安でも難しいくらいかもしれませんが、
マクロビ食中心だと、好きなだけご飯を食べて、
スイーツも甘味を選んでつくれば、
ある程度食べても太る心配も、その他のリスクも極端に少なくなります。

とはいえ、私の場合、長男の妊娠のときは、
マクロビを初めてまもなかったので、
マクロビを中心にしながら、他のものもちょこちょこ食べてました。
でも、やっぱり調整はラクでしたね。
つわりもほとんどなかったというのもあります。

唯一心配だったのは、鉄です。
マクロビアンではなかったのですが、助産院で産む予定だった友人が
貧血ぎみで、結局病院で産むことになったのを近くでみていて、
鉄はしっかり取ろう!と思って意識してました。
結局、植物性のもののみで、貧血検査も問題なくクリアしました。

このまま、適当に終わらないと、まだまだ書きそうなので、
今日はこのへんで…。

妊娠の経過は、またブログなどでご報告しますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アロマとマクロビのコラボ

10月の追加日程。
アロマテラピーのヤマネ先生とのコラボ企画です。
PMS(生理前症候群)の症状であるイライラ、
落ち込みや生理痛、生理不順など
女性特有のつらい症状を改善するための講座で、
アロマ講座1時間、マクロビ講座1時間の盛りだくさんの内容。

まだ何をつくるか決めてないのですが、私の手作りスイーツと、
ヤマネさんのおいしいハーブティーもいただけます。

題して「自然のチカラで、今日からカラダ革命」
10月はおしゃれなヤマネ邸(キッチンも素敵!)で、
11月は蓮の実キッチンで開催します(日程調整中)。

ここでヤマネさんとアロマのお話を少し。
ヤマネさんとは光が丘公園の外遊びや、
シュタイナーの勉強会などでご一緒していたのですが、
親しくなったのはごく最近のこと。

夫がフリマで購入したロンパス(夫のお気に入り)が、
なんとヤマネさんの息子さんの物だったとわかり、ビックリ。
そんな“偶然的必然”や、
お互いの教室を受講しあったことなどもあって、
今回のコラボ企画が、あっというまに決まりました。
ちなみにテーマはともに「インフルエンザ」でした。

アロマは、以前から暮らしに取り入れていたのですが、
きちんと受講したのは初めて。
これまでは、リラックスするために香りを楽しんだり、
お掃除に使ったりするくらい。
なので、風邪やインフルエンザにも
対応できるというのが、新鮮でした。

ヤマネさんは、産前にアロマ&ハーブの店長さんをしていた
というだけあって、知識も経験も豊富。
初めての方でもわかりやすく、丁寧に教えてくれます。

そしてヤマネさんのお肌は、白くてとっても美しいので、
「アロマ&ハーブで、私もこんな肌になれるかなぁ」と、
密かに期待している色黒(陽性気味の特徴)の私でした。

そうそう。先日の講座で教えていただいた
ラヴィンサラ・シネオールという精油が、
いま、我が家で大活躍(息子も夫もお気に入り)。

ここ一週間くらいとっても忙しく、体調を崩しそうだったので、
毎日、マクロビのお手当てと、ラヴィンサラで乗り切りました。
もちろん、食事はごくごくシンプルにして。
おかげで、体調を崩さずにすみました。

アロマの世界も奥が深そうで、楽しそう。
アロマとマクロビの「自然のチカラ」で、
今度は、マタニティなどでもコラボしたいなぁと考えています。

ヤマネさんについては、mixi「ウラヤスミン」で検索してみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再びインフルエンザのこと。

8月に開催した「発熱とインフルエンザ」のお手当て教室、
10月も開催することにしました。
リクエストが多かったことと、これをきっかけに、
カラダのこと、これからの食事の選択のことなどを
考えるきっかけになれば思いまして。

インフルエンザに限らず、よく熱を出す子供さん(大人も)、
しょっちゅう、風邪のひき始めの症状(セキ、鼻水、鼻づまりなど)を
くり返している人が多いんですね。

多くの場合、いろんなもの(動物性のもの、甘いもの、
添加物、農薬なども含む)を過剰にとっていることが、
ひとつの原因になっています。
病気になりやすい人、つまり免疫が落ちている人は
インフルエンザにも風邪にもかかりやすいのです。

そのためには、栄養たっぷりの食事ではなく、粗食のごはんがベスト。

今の環境や食事は、自然に反することが多すぎるんですね。
食べ物に関していえば、いろんなものをいっぱいとり過ぎなんです。
環境を今すぐ変えるのは、難しいので、
まずは食べ物だけでも、自然にそったものを
バランスよく少量いただくようにできるといいのですが。
(少量というのが私には難しいんですけどね。課題です)

ホームページに、インフルエンザの時の備蓄のすすめ
というページを設けました。
これは、昨年の夏頃、夫の知り合い薬剤メーカーの方の情報で、
「新型インフルエンザが流行するのは、時間の問題」というお話を聞いて、
私が考えたものです。

といっても、とてもシンプルなもので、マクロビや自然食を実践している人なら、
なぁーんだと思うものかもしれません。

でも、一般で販売されている「備蓄食材コーナー」をのぞくと、
「これを毎日食べてたら、それだけで体調崩しそう」
というものが多く(すべてじゃないですが)、
ちょっと危機感を持ったので、あえて掲載しました。

『自然に産みたい』の著者である橋本ちあき先生に
このお話をちらっとしたら、
「それはいい考えだから、広めたらいいんじゃない」というお言葉を
いただいたこともあり、昨年の冬から、
お手当ての教室で配ったりしていました。

インフルエンザも他の病気も、そして離乳食(こちらにチカラを
入れてるので)も、情報を収集しつつも、惑わされず、
自分の考えで冷静に行動できるといいですよね。

マクロビは、そのための指針になればいいなと思います。
決して、答えではないし、目的地でもないです。

橋本先生が本のなかで、「生命を輝かせる食事」というようなことを
書いていましたが、ほんとにそう思います。

私自身も、生まれてくる子供が好きなことを好きなだけできるように、
ココロとカラダとスピリットを整えてあげたい。
そう思って、妊娠前にマクロビを始めました。

穀物菜食で育った子供は、草食動物がそうであるように基本的に、

持久力があってタフ。我が家で一番元気なのが息子です。

余計なものを入れない(食べ物も、他のことも)、
シンプル子育てを、広げていきたいなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

グルメ・クッキング | 心と体 | 育児