« とうとがつくる幼児のお弁当 | トップページ | 急きょ開催!算命学の鑑定! »

マクロミルクの実力!

久しぶりに、教室のご報告です。
「マクロミルク」という母乳の味によく似た、
母乳やミルクの代わりになる飲み物のクラスです。

クシマクロビオティックの創始者で、桜沢先生のお弟子さんでもある
久司道夫先生の貴重なレシピで、
他で学べるところがほんと少ない(全国で数カ所だと思う)
ということもあり、
勉強熱心な方たちが集まってくださいました。

受講の動機は皆さんいろいろで、
「おっぱいを少しずつ減らしたいので、その代わりに」
「生まれてくる赤ちゃんのために知っておきたい」
「子供が水やお茶を飲まないので、その代わりになればと思って」
「体調を崩したときにも活躍と聞いて」などなど。

玄米がゆ&クリームのように、あかちゃんだけでなく、
大人もおかゆとして食べたり、
クリームとして飲んだりできるものなのです。

実は、今年6月に産まれた次男も、生後3日目と4日目に飲みました。
2800gで産まれて、うんちがいっぱい出てくれたものの、
おっぱいの出がもうひとつで、
結局2300gくらいに減ってしまったため、
マクロミルクをあげることに。

通常であれば、普通のミルクなのですが、
このレシピを知っていたので、マクロミルクを試してみました。
基本の材料(実際はいろいろ入る)よりも、少しシンプルにして、
自分のおっぱいの濃度と甘さに近づけて、
スプーンであげてみたところ、
「悪くないんじゃない」といった顔で、ごくごく飲んでました。

2日程あげたところで、おっぱいの出が良くなり、
体重も増えはじめたので、母乳だけにして、
その後は、母乳のみで育てています。

私のように、おっぱいがちょっと足りない、離乳食は始まったけど、
食が細いから、というときにも、とっても役立ちます。
次男のこともあって、このレシピ&つくり方を
皆さんに広めたいなと思ったわけです。

その昔は、おっぱいが不足している人は、他のママのおっぱいをもらったり、
玄米のおもゆやクリームをのませていたのですが、
いまの赤ちゃんは陽性な子が多いので、玄米クリームのみだと
ちょっと陽性すぎるということもあり、
久司先生が考案されたと聞いています。
といことで、マクロミルクは玄米クリームよりも陰性になります。
いろいろ入っているので、バランスもよくて、
体調崩して寝込んでるとき(大人も)にも安心してあげられます。

そんなマクロミルクの味は、深みがあって、ほんとにおいしい!
何より、子供たちの食べっぷりもすごかった!
持って来たお弁当を残して、いっぱい食べている子。
何度もおかわりをする子もいました。
うちの息子も、はじめてマクロミルクのおかゆ(しぼってないもの)を
食べたときは、夢中で食べてました。
子供たちが欲している味なのかなぁ。
久司先生レシピは、すっごいなぁ。

参加された方の感想は、
「普通のおかゆよりも、やさしい味がした」
「飲み物を飲まない子だけど、マクロミルクはおいしそうに
飲んでくれてよかった。家でもやってみます」
「すっごく食べてくれたので、習ってよかった」
「今日参加して、やはり子供はマクロビのごはんで
育てようと強く思いました」

残ったマクロミルクのおかゆで、おかゆパンをつくってもおいしい!
わが家では、高級おかゆパンとよんでます(笑)。

今回は、体調崩して休んだ方もいるので、
近々、クラスを立ち上げようかと検討中です。

それにしても、いま、体調崩す方がほんとに多いので、
皆さん、気をつけてくださいね(自分にいい聞かせつつ)。
食べ過ぎたり、冷えたりしたら、梅しょう番茶でのりきりましょう。

Dscf5513


Dscf5520


Dscf5516

|

« とうとがつくる幼児のお弁当 | トップページ | 急きょ開催!算命学の鑑定! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247368/43213834

この記事へのトラックバック一覧です: マクロミルクの実力!:

« とうとがつくる幼児のお弁当 | トップページ | 急きょ開催!算命学の鑑定! »