« 2010年6月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

誰でもできるパンクラス、はじまる!


パンって、おいしいけど、つくるのはたいへんそう!
さらに天然酵母のパンだと、なんかハードルが高そう、ですよね。
で、私も長いこと、手つかずでした。

以前、ホシノ天然酵母のパン教室に少し通っていたのですが、
酵母を冷蔵庫の中でダメにすること、数回。
おいしかったけれど、いつのまにかつくらなくなってました。
何より、今日のお昼に食べたいと思ったとき、
種起こしする場合、翌日になってしまうという悲しさ…。

そして出会った白神こだま酵母。
めんどうな種起こしにかかる時間がなんと、5〜10分。
奇跡の酵母といわれているんですよね。

お昼に食べたいと思ったら、
10時頃スタートすると食べられるということ。
初心者でもカンタンにつくれること。
その二つに惹かれ、やる気になったのでした。
私がやる気になったという意味でも、「奇跡」です(笑)。

教室で、全工程を生徒さんといっしょにつくれる!
というのも嬉しい。

これまでいろんな料理教室に通ってきて思ったのが、
面倒なレシピが多いかなということ。
家でつくらなかったレシピがいくつあるのか…。

そこで自分が教室を始めたら、できるだけカンタンにしよう!
家でつくってもらえるレシピにしよう!
という思いがありました。パンづくりも同じです。

パンづくりは、実は得意ではないのですが、
こんなパンクラスならできる!と、
上記のようなことを数人の生徒さんにお話したところ、
「それでいいです」ということだったので、
初心者限定クラスで、始めました。

私ができたので、間違いなく誰でもできる
そんなパンクラス1dayです。
国産小麦と相性のよい酵母なので、
少ない材料で、もっちり素朴な味が楽しめますよ。

みんなでこねこねするのも楽しい!
同じ素材でつくっても、こねる人によって、
食感とかが、微妙に変わるのもおもしろいです。

クラスでつくったのはプチパン。
下記は、参加者の皆さんの声です。

「材料が少ないことに驚きました。
これなら家でも気軽に取りかかれそう。
工程もとてもシンプルでした。
ふっくらふくらんでいくパン生地が、とてもかわいかった。
ふかふか&しっかりでおいしかったです」(Y.Aさん)

「パンづくり、楽しかったです。
家でもやれそうかな…と思います」(H.Wさん)

「ホームベーカリーでパンをつくっていたのですが、
もっとナチュラルなパンをつくりたくて参加しました。
こんな少ない材料でパンがつくれることにビックリ。
とてもおいしかったです」(N.Sさん)

ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

同じクラスが、追加日程で10月1日(金)にもあります。

そして私のやる気が続けば、
第2弾(ベーグル?全粒粉パン?)もあるかも。あるかなぁ。Dscf4351


| | コメント (0) | トラックバック (0)

真夏の9月、何食べる?

気づいたら、9月でした。
そして9月なのに、真夏です。
今朝のニュースで、「今年は異常気象であることがわかりました〜」的なこと
言ってましたけど、きっと皆さん「わかってるって」と突っ込みを入れたはず。
どう考えたって、異常ですよ、この暑さ。

暑いけど、8月は夏休みなどで時間ができたので、
森のようちえん(光が丘の外遊びサークル)や
プレーパークで息子と遊びました。

「今日の公園、私たちと日焼けに来てるおじさんたちだけだねぇ」と
話していた日が38℃超える日だったりしましたが、
まぁ、体調も崩さずになんとか元気です。

この日はさすがに、日陰でも風がなくて、ムっとしてましたね。
4カ月の赤ちゃん連れのママ友が、その暑さのなかでバッタ取りを
してました。タフすぎる…。
ちなみに私は日陰で座ってましたぁ。

で、この暑さはまだ続くらしく、9月も真夏並みらしいです。
通常なら、晩夏と呼ばれる季節で、
そろそろ夏野菜はおしまいという季節ですが、
さて、どうしましょうかね、今年は。

テレビの夏バテ対策だと、夏野菜+辛いものや酸っぱいものが多いですよね。
契約農家のまーさんちでもまだ夏野菜が穫れるので、夏野菜も食べつつ、
丸い甘い野菜(かぼちゃ、玉ねぎ、キャベツ)なども、いただくようにしています。
夏野菜の後に、丸い野菜、そして秋冬に向けて根菜を増やしていきます。

そしてやっぱり、ご飯+みそ汁は、ちゃんといただいた方が調子がいいよう。

暑くなり始めた頃に、圧力鍋で炊いた玄米を食べなくなった息子(3歳)。
その後、鍋で玄米のまわりをちょっと削った3分づき米を食べたら、ハマり、
毎食「今日のご飯、黒い鍋で炊いた?分づきなの?」と聞くようになりました。

子供はわかりやすいと思っていたら、夫も同意見なので、
この夏は、土鍋+3分づき米がメインです。
去年は玄米でもいけたので、やはり暑さのせいかな。

みそ汁も、アツアツが嫌なら、常温にしたり、少し冷たくしたり。
そう、九州の冷や汁みたいな感じで。これは子供も好きみたいです。

私はあったかいみそ汁を飲むのがやっぱり好きですね。夏でも。
男の人と子供の方が、女性より陽性なので、
冷たいもの、クーラーなども男性陣の方が好きなよう。

それからお漬物や梅干しなども適度にいただくのもいいですよね。
酸っぱいものも、暑いときにいただくのは、やはりおいしい。

一人一人、体質や状態が違うので、一概にはいえないけれど、
ご飯とみそ汁は、一年を通してやっぱり大切です。
特に夏は、食欲がおちる分、大切だなぁと思います。

真夏の9月、和食パワーで、元気に乗り切ってくださいね。

写真は、8月の教室でつくったメニュー。
「まぁさんちの夏野菜でつくった豆腐のキッシュ、
人参ドレッシング&フレッシュ野菜」
自然農法のパワフル夏野菜、うまかったっス。

自宅が外観工事中だっため、遅れて8月に梅を干しました。
Dscf4178


Dscf4162


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年10月 »