« 2009年12月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年1月

予防接種、どーしてますか?

「予防接種、どうしてますか?」と聞かれることが多くなっています。
たぶん以前よりもずっと。
これまでは、自然育児友の会のお茶会や
森のようちえん(光が丘公園の外遊びサークル)などで、
話題にあがることが多かったのだけど、
最近は、離乳食やお手当てのクラスに参加するママ(特に0歳児)から
質問されることが多いです。

うちはマクロビの教室ですが、
実は、生徒さんの多くは、マクロを知らない方、初心者の方が多いんです。
そういう方たちが、予防接種をなにも考えずに打って大丈夫?
と思いはじめているわけです。

そんな経緯があって、2月9日に蓮の実キッチンでお話会をすることに。
ゲストは、かれこれ20年のつきあいになる、元仕事仲間でもあった慶家さん。
今では、よき先輩ママとして便りになる存在です。
自然育児友の会のことを教えてくれたのも彼女でした。

應家さんは、三人のママなのですが、一番上のお子さんのときに、
予防接種に疑問を持ち、同じ気持ちを持つママたちと
カンガエルーネットを立ち上げ、運営しています。

息子が生まれてから、予防接種について調べていったら、
いろんな本に、彼女が登場していて、ビックリ。
私自身、わからないことは、彼女に聞いてきたので、
今回のゲストいには適任では…と思います。

彼女は三人のママでもあるので、
「みんなといっしょに予防接種について考えたい」と言ってました。

打つ、打たない、どちらを選ぶとしても、
打つメリットとデメリット、打たないメリット、デメリット
そのほかいろんな情報が入った上で
選べたらよいのではないかと思っています。

ご興味のある方は、ぜひ参加してみてくださいね。

カンガエルーネット
予防接種の副作用、薬に頼らない方法など、子どもの病気を中心とした育児サイトです。
チェックしてみてね。
http://www.kangaeroo.net/

掲載誌(いずれもジャパンマシニスト社)
『今年はどうする?インフルエンザ』
・『予防接種に行く前に』
・「ち・お」54号_特集「こどもを大切にすうる保育園/幼稚園」
・「ち・お」56号_特集「免疫力、抵抗力 自然に治る力って?」

★お話会で、販売する予定(すべてではないかも)です。

詳細、お申し込みは蓮の実キッチンのホームページに
http://hasunomi.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

胃腸がホッとしたごはん

Dscf3366_2Dscf3340_3

皆さんは、どんなお正月を迎えたのでしょうか。
我が家は、ずっとしまい込んでいたテレビを出して、紅白を見て、
お正月3日まで、食べて食べて、テレビ見て、年賀状書いてという
だらだらだらっと過ごしました。
そして、またしばらくテレビとはさよなら。
あるとやっぱり見てしまうので、ないのがちょうどいいです。

そしてやっぱり食べ過ぎ、ちょっと飲み過ぎ(自家製梅酒など)。
梅しょう番茶のおせわになりました。
今回、梅しょう番茶は、生徒さんやお友達の間でも大活躍。
実家や出張先に携帯用の梅しょうエキスを持って行って助かった〜、
という声をいくつかいただきました。

風邪予防にも、食べ過ぎにも、腹痛にも、いろいろ使えてほんとすばらしい!
ちなみにうちの息子はおなかが痛いときだけ
「梅しょう番茶つくって〜」といいます。

食べ過ぎの御正月を見越して、うちの教室の第一弾は、
「胃腸がホッとするごはん」だったのです。
米、あわ、ひえ、きび、麦、小豆などを入れた五穀がゆが、
胃腸にやさしかった〜。

おかゆだけを一気に食べた方(そしておかわり)もいたくらい。
それから、写真のお汁粉も、穏やかな甘さにしたので、大満足!
息子は、「ちゃんと噛んで〜」という私の言葉など聞かず、
すっごい勢いで飲みほしてた。

上に乗っかっているお餅は、玄米もちワッフルです。
これは、クシの授業で登場するメニューで、
クシの生徒さんの多くがたぶん持っている(はず)。
目の前で見ると、サックサクのもちワッフルを見ると
ちょっと感動します&そして欲しくなります。

この日、サックサクのもちワッフルに魅了された生徒さんたちは、
メーカーをメモしてました。ほぼ全員。
ちなみにおすすめメーカーは、「Vitantonio」です。

これでたいやきも、ホットサンドもつくれちゃいます。
今日は、春日町のパンやふじたの食パンで、
自家製のポテトサラダを入れてホットサンドにしました。
耳までパリパリでサイコー!

実は、ワッフルもたい焼きも、子ども以上に大人が大喜びなんですよね。
カンタンだし、ヘルシーだし、かわいいし、おいしいし。
購入を検討している方は、ぜひ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年3月 »