« ベビーサイン | トップページ | ご飯もそろそろ秋支度 »

発熱とインフルエンザの教室

今日は「発熱とインフルエンザ」のお手当法の教室。

お手当法は、本などでも紹介されているのですが、
いざ、使おうと思ったときに、体調が悪いのに
本をひっぱりだして、さらに材料を揃えて…だと
めんどうになってしまうんですよね。

ひどい症状でないときに、お医者さんに「お試し受診」する方も
いるそうですが、お手当法も、ちょっと体調すぐれないときに、
いろいろ試して、つくり慣れておくといいですよ。

マクロビオティックのある先生は、自分が体調崩して
「ラッキー、お手当法が試せる〜」と言ってましたが、
今年のはじめに夫がねんざしたとき、ラッキーとは思わないけど、
まぁ、ちょっとニヤッとして「豆腐パスター」をつくって、
「豆腐の熱の吸収力」を勉強したりしました。

今回は実際につくって試食してみて、
さらにレクチャーで勉強するという内容。
同じ味のうめしょう番茶でも、「おいしい」と感じる人、
「濃くて、おいしくない」と感じる人など、そのときの体調によって
ぜんぜん違うんですね。

今日も、ほとんどの方がちょっと濃いめと感じた梅しょう番茶を、
一人の方は、「もっと飲んでいい?」というほどおいしかったよう。
そうやって、自分のカラダを通して試していくと、
今、自分にとって必要なものが選択しやすくなっていくと思うのです。

な〜んてエラそうなことを言ってますが、まだまだ私自身も
いろいろ試して、失敗(プロセスともいう)して、
心身で体感していくんだなぁと思っています。

マクロビオティックは、そのための法則でありツールのようなもの。

使いこなせるようになるまでは、まだまだ時間がかかるのかなぁ。

いずれにしてもプロセスは楽しまなくちゃ。たのマクですしね。

|

« ベビーサイン | トップページ | ご飯もそろそろ秋支度 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247368/31153432

この記事へのトラックバック一覧です: 発熱とインフルエンザの教室:

« ベビーサイン | トップページ | ご飯もそろそろ秋支度 »